読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの青い作業着を脱ぎ捨てて。

アニメ・漫画・小説・ゲーム等のフィクション作品の感想をゆるく綴ります。

【雑記】今週のこと(1/29~2/4)

今週のことを振り返りたいと思います。読んだ漫画や小説、観た映像作品、プレイしたゲームで面白かったものを雑に。毎週続けられることを願います。

【漫画】

感想記事を上げたのはこの辺。

『ぱらのま』はkashmirの中でも指折りで面白いと思います。読みやすいし。

その他の新刊にはあまり食指が伸びず。近藤聡乃のエッセイ『ニューヨークで考え中』とか黒田硫黄の短編集諸々とか平尾アウリの『推しが武道館いってくれたら死ぬ』とか、微妙に今更感のあるものを面白く読みました。『ニューヨークで考え中』のような、淡々としていて、ちょっと毒気があるエッセイは大好物なので◎。最低限の線で構成されながら豊かな表情を見せる絵も良い。

ニューヨークで考え中

ニューヨークで考え中

来週も新刊で気になるものは(今のところ)なさそうなので、せっせと既刊を開拓します。

1月は新人の単行本が豊富でした。感想挙げた『映像研には手を出すな!』『サザンウィンドウ・サザンドア』『春と盆暗』とか。新人ではないけれど白濱鴎『とんがり帽子のアトリエ』も、丁寧なファンタジーで好印象。あとは『hなhとA子の呪い』完結巻。中野でいちの劇画チックな作画ととめどない自意識のぶちまけ具合は非常に好きなので、次回作も期待。個人的には『後輩ちゃんにきいてみよう』みたいなコメディに寄った作品を読みたいです。

そして冬目景『黒鉄』がまさかの連載再開というニュース。何と15年ぶり。ついでに『LUNO』も頼むぞ~という感じ。

【小説】

なぜか絲山秋子の未読作品を読み漁る週間に突入しています。といっても大半が未読ですが。『ニート』『不愉快な本の続編』『ダーティ・ワーク』あたりを読みました。相変わらず恋人とか家族とかではない「変な関係」を構築して登場人物をもがかせるのがすごく上手。と同時に、この人はそれこそ『不愉快な~』みたいな、1人称の独白多めの文体というイメージを持っていたのだが、結構3人称も多いということに気づかされました。そしてそれはそれで非常に良くて、芸が広いことを思い知りました。『ダーティ・ワーク』は連作短編でありつつ群像劇形式の長編ともいえる作品だったが、この作品の中でも色々な語り口・文体を使い分けていました。ていうかこの人本当に技巧的で緻密です。文章もプロットも。

ダーティ・ワーク (集英社文庫) (集英社文庫 い 66-1)

ダーティ・ワーク (集英社文庫) (集英社文庫 い 66-1)

あとは本屋をぶらついていて雑に手に取った桜井晴也『世界泥棒』を半分くらいまで。これがべらぼうに面白いです。どちらかが死ぬまで教室で銃を打ち合う「決闘」を繰り広げる男子たち。という取っ掛かりは実にエンタメっぽいのだが、その実は個や価値観や世界のあり方について深堀してぶつけ合って滔々と語っています。かぎ括弧も改行も無く、ひたすら思考のかたまりをぶつけられている読書感。寓意に満ちた設定・描写も○。来週中には読み終えたいという気持ちと、いつまでも浸っていたいという願望が入り混じっています。

世界泥棒

世界泥棒

【映像】

冬アニメにほとんど食指が伸びず。『セイレン』『クズの本懐』『リトルウィッチアカデミア』あたりは録画しているけど未消化。『ポケモンサンムーン』は楽しく視聴中。7世代ポケモンで一番好きなのはヒドイデなのだが、めでたくコジロウの手持ちに入って何より。

冬ドラマは『カルテット』『銀と金』『住住』あたりを視聴中。特に『カルテット』は面白い。濃厚なキャストが織り成す会話劇。3話では満島ひかり演じるすずめちゃんのお話。詐欺師まがいの人間で、自分の人生を狂わせたともいえる実父の呪縛から解放され、軽井沢のあの別荘で展開されている共同体を心の底から新たな居場所だと認めるお話。真紀(松たか子)とすずめがカツ丼食べながら会話するシーンはとても良かったです。来週はどうやら家森(高橋一生)編のようで、こちらも楽しみ。

その他、注文した記憶のない(けれどもAmazonの履歴には残っている、それはお酒を大量に摂取した日でした)京アニ版『Kanon』のBlu-ray BOXが届いたので、真琴編まで視聴。頭を空っぽにして観れる、涙を強要してくるお話というのも大好きで、真琴最終日の喪失感たるや……。個人的にはうぐぅよりこっちの方が涙流せる度合いが高いので、この先を観るのはいつになるのか不明。

来週は『虐殺器官』の映画でも見に行こうと思います。

【ゲーム】

ポケモンサンムーン』のポケバンク解禁も、未解禁メガストーンは未解禁のまま。6世代ではメガクチートメガチルタリスメガサーナイト・メガデンリュウ辺りを軸にやっていたので、解禁されず涙目。モチベーションも上がらず。
1シーズンはドヒドイデブルルムドーハピ+2で回していたけど最高1850最終1790程という体たらく。 次もドヒドイデは入れたい所存。

カタハネ』のリメイクをプレイ完了。とにかく雰囲気が優しいロードムービー(シロハネ編)+宮廷謀略モノ(クロハネ編)の二部構成。リメイクということもあり、作りは相当丁寧で目立ったマイナスポイントはないけど、ちょっと世界が優しすぎ、率直に言って退屈という印象。特にシロハネ編。善意が前提に物語が進められすぎていて、ちょっと合いませんでした。間違いなくクオリティは高いです。また一部百合スキーには崇められているとおり、百合面も中々。
 
来週以降はLiarの『フェアリーテイル・レクイエム~シンフォニー』をぺちぺち進めていく予定。序盤のつかみは超良さげ。童話を下敷きに、現実逃避とか自我の確立とかそういう話に持っていってくれそう。傑作『forest』の進化版みたいになっているといいなぁ。

その他、労働が辛い、普段しゃべらない為あごの筋肉が発達しておらず久方ぶりの虫歯治療に弊害が出て歯医者さんに多大なご迷惑をかける、などの出来事があったが、概ねいつもどおり楽しい1週間でした。