読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの青い作業着を脱ぎ捨てて。

アニメ・漫画・小説・ゲーム等のフィクション作品の感想をゆるく綴ります。

【感想】『駄能力JK成毛川さん』菅森コウ

漫画 感想

 

駄能力JK成毛川さん 1 (ビッグコミックススペシャル)

駄能力JK成毛川さん 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 意味の分からないところに縮れた毛が落ちていたとしたら、それは成毛川さんの仕業かもしれない。

本作の主人公・成毛川さんは、書道部所属の花も恥じらう恋する女子高生…なのだが、その正体は「妖怪ちんげちらし」。曰く、人間から抜け落ちた陰毛を回収し、当人の目に付く場所へ再配置するという日本の妖怪である。陰毛ちらしが生業の種族だが、お気に入りの陰毛は散らさずコレクションするのである。

里中くんという男子生徒に恋をしている成毛川さんが、その駄能力を駆使して里中くんの陰毛を手に入れるべくアレコレしていく、1話完結のちょいエロコメディ。

ともすれば出落ちになりかねない題材だが、他の駄能力者(妖怪リモコン隠しとか制御できない雨女とか)も多彩で、かつ上手く駄能力を組み合わせており、飽きがこない。中里くんの陰毛ばかりに惹かれていた成毛川さんが、徐々に中里くん本人にも惹かれていくなど、ラブコメ的な要素もある。キャラクターも可愛く、手軽に読めるちょいエロラブコメとして、ハイレベルな作品。